danika3160’s blog

ここで通信分野と関連する記事を紹介していきます! よろしくお願いいたします。

ネットワークパフォーマンスの最大化:10GBASE-T SFP+モジュールの可能性

デジタル時代の到来とともに、ネットワーク性能はさまざまな業界で不可欠な要件となっています。データセンターや企業ネットワークでは、ネットワーク機器は大量のデータ転送に対する需要がますます高まっています。10GBASE-Tを導入し、最先端のソリューションは、比類のないパフォーマンスとスケーラビリティを提供し、私たちが接続し、通信する方法を再構築しています。この記事では、10GBASE-T SFP+モジュールをめぐる議論を掘り下げ、ネットワーク・パフォーマンスを向上させる上での利点と応用シナリオを探ります。

他のモジュールと比較した10GBASE-T SFP+モジュールの利点

この10GBASE-T SFP+モジュールは、低消費電力、高性能、コンパクト設計を誇り、幅広いアプリケーションに適しています。さらに、RJ-45インターフェイスを備えており、既存のネットワーク機器との優れた互換性を保証します。光ファイバ配線やイーサネット・スイッチ、メディア・コンバーターを追加することなく、現行の銅線配線システム内で直接10G伝送を実現することができます。これにより、より便利でコスト効率の高いソリューションを提供します。

したがって、10GBASE-T SFP+モジュールは、他のモジュールと比較して、次のような利点があります:

10GBASE-T SFP+モジュールとギガビットイーサネットポートモジュールの比較

10GBASE-T SFP+モジュールは、ギガビット・イーサネット・ポート・モジュールと比較していくつかの利点があります:

  • 1. 強化された伝送速度: これらのモジュールは、データセンターや大規模な企業ネットワークのようなデータ集約型環境において極めて重要な、より高速な伝送速度を実現します。これにより、シームレスなネットワーク運用と迅速なデータ交換が可能になります。

  • 2. 柔軟性の向上: ホットスワップが可能で、さまざまなネットワーク機器と互換性を持つこれらのモジュールは、ネットワーク構成の柔軟性を高めます。

  • 3. コンパクト設計: コンパクトな設計により、ネットワーク・スイッチや機器のポート密度を高め、スペース利用を最適化します。

10GBASE-T SFP+モジュールは、優れた性能と既存インフラとの互換性により、低レイテンシー、銅線ケーブルより長い伝送距離、長期的なコスト削減を実現します。従来のギガビット・イーサネット・ポート・モジュールと比較して、高速ネットワーク接続のための多用途で効率的かつ経済的なソリューションです。

10GBASE-T SFP+モジュールと10ギガビット光モジュールの比較

10GBASE-T SFP+モジュールは、10ギガビット光モジュールと比較して、いくつかの主な利点を提供します:

  • 1. 費用対効果: 導入コストを抑えた10GBASE-T SFP+モジュールは、コスト重視の企業やデータセンターにおいて、性能を犠牲にすることなく、より予算に見合ったソリューションを提供します。さらに、消費電力が光モジュールの約半分と大幅に低いため、全体的なコスト削減にも貢献します。

  • 2. 互換性: 既存のケーブルと広く互換性のあるRJ-45インターフェイスを利用することで、10GBASE-T SFP+モジュールはコストのかかる光ファイバーケーブルの交換の必要性を軽減します。この互換性により、導入プロセスが合理化されるだけでなく、既存のインフラへの依存や修正コストも削減され、多額の追加投資をすることなく、より高速な接続性へのスムーズな移行が可能になります。

  • 3. 展開とメンテナンスの利便性: 光モジュールと比較して、10GBASE-T SFP+モジュールの展開とメンテナンスは、際立って簡単です。この使いやすさは、ネットワーク管理者の効率を高め、複雑な接続性の問題のトラブルシューティングよりも、ネットワーク・パフォーマンスの最適化に集中できるようにします。さらに、メンテナンス手順の簡素化は、ダウンタイムの短縮とネットワーク全体の信頼性の向上に貢献します。

10GBASE-T SFP+モジュールの導入コストの低減、消費電力の削減、既存インフラとの互換性、導入と保守の容易さにより、増大する帯域幅需要に対応するためにネットワーク・インフラをアップグレードしようとする組織にとって、非常に有利な選択肢として際立っています。

10GBASE-T SFP+モジュールの用途

10ギガビット・イーサネットの不可欠なコンポーネントである10GBASE-T SFP+モジュールは、その汎用性により、最新のネットワークで幅広く使用されています。

まず、データセンターや大規模な企業ネットワークで極めて重要な役割を果たし、高速データ伝送と処理の厳しい要件に対応しています。このような環境では、高帯域幅と低レイテンシーが要求されますが、10GBASE-T SFP+モジュールは、その両方を強力にサポートします。次に、ハイパフォーマンス・コンピューティングやクラウド・コンピューティングの分野では、大規模なコンピューティング・タスクやデータ処理操作に信頼性の高いサポートを提供しています。さらに、産業用モノのインターネット(IIoT)が急速に拡大する中、10GBASE-Tモジュールは産業用制御システムの重要なコンポーネントとして登場し、リアルタイムのデータ収集と伝送を容易にすることで、運用効率と応答性を向上させています。

10GBASE-T SFP+モジュールがネットワーク・アーキテクチャに与える影響

10GBASE-T SFP+モジュールの登場は、いくつかの重要な点で、ネットワーク・アーキテクチャに大きな影響を与えました:

  • 1. 柔軟性と拡張性の強化:

    • 高速データ転送機能により、ネットワーク管理者はネットワーク・トポロジーをより柔軟に設計・最適化できます。

    • この柔軟性により、ネットワークのシームレスな拡張と適応が容易になり、需要の変化に対応することができます。

  • 2. 高同時実行性と高密度導入の推進:

    • 10GBASE-T SFP+モジュールの導入は、ネットワーク機器間の緊密な接続を促進します。

    • 複数のノード間でより高速で安定したデータ伝送を行うことで、ネットワーク処理能力とスループットの向上に貢献します。

    • これにより、ネットワークは高レベルの同時トラフィックを処理できるようになり、高密度のネットワーク構成の展開が容易になります。

  • 3. 広帯域・低遅延に向けたネットワーク進化の加速:

    • 10GBASE-T SFP+モジュールのアプリケーションは、ネットワークをより高い帯域幅とより低いレイテンシーへと導きます。

    • この進化は、将来のネットワーク開発のための強固な基盤を築き、ネットワークが新たな技術や需要をサポートできることを保証します。

結論

ネットワーク・インフラストラクチャの重要なコンポーネントである10GBASE-T SFP+モジュールは、高い伝送速度、長距離機能、既存デバイスとの互換性、コスト効率を提供します。データセンター、企業ネットワーク、ハイパフォーマンス・コンピューティングにおいて極めて重要であり、ネットワーク・アーキテクチャに大きな影響を与え、全体的なパフォーマンスを向上させます。データ需要が増大するにつれ、これらのモジュールはネットワーク開発を推進する上で不可欠な存在であり続けると予想されます。

SFP-10G-SRモジュールを選択する理由と方法?

ネットワーク技術において、最適なパフォーマンスと効率を確保するためには、適切なSFP-10G-SRモジュールを選択することが最も重要です。この記事では、特定のネットワーク要件を満たすために適切なSFP-10G-SRモジュールを選択する際の主な考慮事項と要因について掘り下げています。これらのモジュールの機能とアプリケーションを理解することで、ネットワーク管理者は、ネットワーク・インフラストラクチャを効果的に強化するための情報に基づいた意思決定を行うことができます。

SFP-10G-SRとは?

SFP-10G-SRは、10ギガビット・イーサネット・ネットワーク用に設計された小型フォームファクター・プラガブル(SFP)モジュール・モジュールの一種です。10GBASE-SR SFP+モジュールは、標準的なFDDI(Fibre Distributed Data Interface)グレードのMMF(マルチモードファイバ)で26mのリンク長をサポートするように設計されています。ホットスワップ可能な入出力デバイスとして機能するSFP-10G-SRは、10ギガビット・イーサネット・ポートと光ファイバ・ネットワーク間のシームレスな接続を容易にします。また、互換性のある10GBase-SR SFP+モジュールの代替モデルとして、様々なサードパーティサプライヤーや小売業者から入手可能で、同等の機能と性能を提供します。

SFP-10G-SRモジュールは、特にデータ・センター相互接続やキャンパス・ネットワークなどのショート・リーチ・アプリケーションで広く支持されています。これらのモジュールは、スイッチルーターサーバーを高速でリンクするコスト効率の高い手段を提供し、ネットワーク・インフラストラクチャの強化に重要な役割を果たします。

SFP-10G-SRを選択する理由とは?

SFP-10G-SRモジュールには、さまざまなネットワーキング・アプリケーションに適したいくつかの利点があります:

  • 1. 高速接続性: SFP-10G-SRは、10ギガビットイーサネットに対応した高速接続を可能にします。

  • 2. 短いリーチ能力: 短距離接続に最適で、短距離で費用対効果の高いソリューションを提供します。

  • 3. マルチモードファイバ対応: マルチモードファイバ伝送に対応し、多様なネットワーク設定に適しています。

  • 4. 設置の容易さ: コンパクトでホットスワップが可能なため、設置やメンテナンスが容易です。

  • 5. 費用対効果: 短距離アプリケーションに費用対効果の高いソリューションを提供します。

  • 6. 信頼できる性能: 信頼性の高いパフォーマンスと互換性を提供し、最新のネットワーク環境の要求を満たします。

SFP-10G-SRを選択する際に考慮される要因トップ15

市場で入手可能なSFP-10G-SRモジュールは多岐にわたるため、固有のニーズに最適な選択を決定することは困難です。この複雑さを軽減するために、ニーズに合わせて最適なSFP-10G-SRモジュールを選択するための重要なガイドラインを包括的にまとめました。

  • 1. 互換性の問題: FSの製品詳細ページにある互換性リストにアクセスするか、不明な点があればお問い合わせください。ネットワークの円滑な運用は、モジュールと既存機器との調和に大きく依存します。非互換性の懸念は、データ伝送エラー、リンク障害、ネットワーク全体の不安定性など、深刻な結果をもたらす可能性があります。そのため、ネットワーク構造の安定性と有効性を確保するためには、徹底した互換性テストが必要です。

  • 2. シングルモードとマルチモードの比較: モジュールのタイプは、ネットワークのファイバタイプと距離要件に基づいて決定します。シングルモード・モジュールは、数百メートルから数十キロメートルに及ぶ長距離接続に適しており、一般的に長距離データセンター・リンクや分散したサイトの相互接続に利用されています。逆に、SFP-10G-SRのようなマルチモード・モジュールは、数メートルから数百メートルの短距離に最適で、特にデータセンターでは、ビル内や短距離の相互接続によく使用されます。選択する前に、ネットワークのレイアウトと距離のニーズを評価し、モジュールの仕様を特定の要件に合わせることで、効率的なデータ伝送を実現します。

  • 3. データレート: SFP-10G-SRモジュールは、毎秒10ギガビット(Gbps)のデータ速度用に設計されています。お使いのネットワーク機器がこの速度に対応していることをご確認ください。10Gに移行する際には、将来のネットワーク需要を予測することが賢明です。現在は10Gが一般的ですが、25G、40G、100Gなど、より高速なものが間近に迫っています。より高速な機器に適応可能なSFP-10G-SRモジュールを選ぶことで、頻繁なアップグレードの必要性を軽減することができます。

  • 4. 波長とファイバタイプ: モジュールの波長とファイバタイプに注目してください。SFP-10G-SRは通常、OM3またはOM4マルチモード・ファイバ上の850nmで動作し、マルチモード光ファイバに最適です。信号損失や接続性の問題を防ぐため、ネットワークがモジュールの仕様に合っていることを確認してください。

  • 5. 距離要件: モジュールに必要な距離を評価し、それに応じて選択してください。通常、SFP-10G-SRはマルチモード・ファイバで最大300メートルをカバーします。より長い接続が必要な場合は、他のモジュール・オプションを検討するか、光増幅器またはリピーターを使用して距離を延長してください。

  • 6. プロトコルとの互換性: SFP-10G-SRモジュールが未加工のデータ・レートを超えて処理する特定のプロトコルを考慮してください。これらの多用途モジュールは、イーサネット、ファイバ・チャネル、およびInfiniBandをサポートし、さまざまなネットワーク・ニーズに適応します。一般的には10ギガビット・イーサネット接続に使用されますが、SAN用のファイバ・チャネルやハイパフォーマンス・コンピューティング・クラスター用のInfiniBandのような特殊なプロトコルとの互換性を確保してください。

  • 7. 消費電力: 現代のデータセンターでは、エネルギー効率が最も重要です。SFP-10G-SRモジュールを選択する際には、その消費電力(多くの場合ワット)を評価してください。エネルギー効率を高め、電気代と組織の二酸化炭素排出量の両方を削減するために、消費電力の低いモジュールを選択する。消費電力を比較するには、通常、電力要件の概要が記載された電気仕様を参照します。

  • 8. ホットスワップ対応: ホットスワップ機能は、ネットワーク運用を中断することなくモジュールの交換やアップグレードを可能にする貴重な機能であり、特にダウンタイムに多大なコストと混乱が発生する環境では重要です。ほとんどのSFP-10G-SRモジュールはホットスワップをサポートしていますが、すべてのデバイスがこの機能を提供しているわけではないため、お使いの機器やモジュール・モデルとの互換性を確保することが不可欠です。

  • 9. デジタル診断モニタリング(DDM): デジタル光モニタリング(DOM)とも呼ばれるDDMは、SFP-10G-SRモジュールの不可欠な機能です。DDMはリアルタイムのモニタリングと診断機能を提供し、光リンクのパフォーマンスと健全性を詳細に監視することができます。DDMにより、管理者は光パワー、温度、信号品質などの重要なパラメーターにアクセスできます。このデータは、プロアクティブなネットワーク管理にとって非常に貴重であり、問題の早期発見とトラブルシューティングを促進し、ネットワークパフォーマンスの中断を防ぎます。

  • 10. 動作温度: SFP-10G-SRモジュールは一般的に-40~85℃の温度範囲で動作します。しかし、モデルによってはばらつきがあり、仕様に基づいて温度許容差がより広い、またはより狭いものもあります。

  • 11. 湿度: SFP-10G-SRモジュールは、一般的に5%~95%の湿度範囲で動作します。しかし、特定のモデルにはばらつきがあり、湿度耐性が異なります。

  • 12. 振動と衝撃: SFP-10G-SRモジュールには、振動と衝撃に対する特定の定格があります。最適な性能と信頼性を得るためには、環境の振動と衝撃レベルに合わせた適切な定格を持つモジュールを選択することが重要です。

  • 13. ブランド選択: FS.comは、Cisco、HP、Juniper、Brocade、Dell、Extremeなどの有名ブランドの互換性のある光モジュールの包括的な選択肢を提供し、ネットワーク機器のスムーズな動作とパフォーマンスを保証します。

  • 14. コスト評価: コストは重要だが、価格よりも品質を優先します。結論に至る前に、メンテナンスとサポートを含めた総所有コストを評価することです。

  • 15. レジリエンス計画: ネットワークの将来的なニーズを考慮すると、25G、40G、100Gの速度をサポートできるモジュールに投資することは、より高速へのアップグレードを計画している場合に有利になる可能性があります。

SFP-10G-SRの選択に関するその他のヒント

OEMサードパーティ製SFP-10G-SRモジュールの比較

OEM SFP-10G-SRモジュール

  • ベンダーロック: OEM(相手先商標製品製造)モジュールは、特定のベンダーの機器用に調整されており、そのハードウェアのみで機能するようにロックされている可能性があるため、モジュールの選択の柔軟性が制限される可能性があります。

  • 互換性の保証: OEMモジュールは、ベンダーの包括的な技術サポートに裏打ちされた、ベンダーの機器との互換性を保証します。

  • より高いコスト: モジュールは一般的に、サードパーティの代替品に比べてコストが高いです。

サードパーティ製SFP-10G-SRモジュール

  • 柔軟性をサポート: サードパーティ製モジュールのサポートレベルは、OEMオプションで提供されるものと異なる場合があり、社内の専門知識またはサードパーティの支援への依存度を高める必要があります。OEMモジュールとサードパーティモジュールの選択は、予算の制約と希望するサポートレベルに大きく影響されます。

  • 互換性の向上: 数多くのサードパーティ製モジュールは、さまざまなタイプの機器とシームレスに統合できるように設計されており、ネットワーク設計の柔軟性を高めています。

  • 費用対効果: サードパーティのモジュールは一般的にコスト効率が高く、ネットワーク経費の削減を目指す組織にとって魅力的な選択肢となります。

製品保証&サポート

SFP-10G-SRモジュールを選択する際には、メーカーやベンダーの保証とサポート・オプションを評価することが極めて重要です。技術仕様は重要ですが、長期サポートと信頼できる保証はネットワークの信頼性と総所有コストに大きく影響します。選択したモジュールが故障から保護する保証付きであることを確認し、不満や互換性の問題が発生した場合の追加補償と柔軟性のための「返品ポリシー」ページを確認してください。

当社の光学モジュールは、通常の使用における不具合を5年間保証します。ただし、誤用、乱用、不注意、改造、電気的問題、説明書の不遵守、天災地変、不適切な設置、操作、FSまたは認定サービス業者以外による修理による故障は除外されます。詳細は「FS製品保証」ページをご参照ください。

結論

適切なSFP-10G-SRファイバモジュールを選択することは、ネットワークのパフォーマンスと信頼性に大きく影響します。概要を説明した要因を評価することで、ネットワークの要件と経済的制約に沿った情報に基づいた意思決定が容易になります。ネットワーク・エンジニアやベンダーと協力することで、選択したモジュールがお客様の環境に適合するようになります。適切なSFP-10G-SRモジュールを選択するために時間を投資することは、長期的な利益をもたらし、ネットワークの効率を高め、データ伝送における競争力を維持します。最終的には、あらゆるネットワーク設定に理想的なモジュールが存在します。ネットワーク設計の側面と必要な指標に優先順位をつけることで、予算の制約内で適切な機器を入手することができます。

デュアルレート10/25Gモジュールの概要

ネットワーク通信の分野では、データ処理に対する要求が加速しており、高速で安定した柔軟なデータ伝送ソリューションの統合は、多くの企業にとって困難な課題となっています。この記事では、現代のデータセンターのニーズを満たすだけでなく、コスト効率も考慮したソリューション、10/25Gデュアルレート光モジュールについて掘り下げます。汎用性と経済性を備えたデュアルレートモジュールは、性能と拡張性の戦略的な融合であり、進化するネットワークインフラに適しています。

10/25Gデュアルレートモジュールとは?

10/25Gデュアルレートモジュールは、10ギガビット/秒 (Gbps) と25Gbpsの2つの異なるデータレートをサポートする光モジュールの一種です。ネットワーク機器と相互運用できるように設計されており、接続された機器の能力やネットワークの要件に応じて、これら2つの速度を動的に切り替えます。

デュアルレートモジュールは、複数の種類のモジュールを必要とせず、さまざまな展開シナリオに対応できるため、ネットワークインフラに高い柔軟性を提供します。10Gbpsまたは25Gbpsの速度で動作する異なるネットワークセグメントで同じモジュールを使用できるため、ネットワークのアップグレードや在庫管理の複雑さを大幅に軽減することができます。

実用面では、デュアルレートモジュールには通常、SFP28(small form-factor pluggable 28)などのフォーム・ファクターが含まれ、一般的に25Gbpsネットワーキングに使用されるが、古い機器との下位互換性を確保するために10Gbpsもサポートできます。これにより、IT管理者はネットワークの将来性を確保し、既存のケーブル配線インフラを全面的に見直すことなく、10Gイーサネットから25Gイーサネットへのアップグレードパスを提供することができます

デュアルレート機能は、既存の10Gネットワーク機器との互換性を維持しながら、帯域幅の最適化、効率的なコスト管理、データ・トラフィック需要の増加に備えようとするデータセンターにとって特に有用です。

10/25G Transceiver

10/25Gデュアルレートモジュールのアプリケーション

10/25Gデュアルレートモジュールは、10Gbpsと25Gbpsの2つの異なるデータレートで動作可能な光モジュールです。この汎用性により、このモジュールは、最新のデータセンターや企業ネットワークの要求を満たすために、幅広いネットワーク機器やさまざまなシナリオで使用することができます。以下は、10/25Gデュアルレートモジュールが特に有益なアプリケーションです:

10Gから25Gネットワークへの移行

ネットワーク・インフラを10Gから25Gにアップグレードしようとしている企業は、移行中の下位互換性を確保するためにデュアル・レート・モジュールを使用することができます。これにより、段階的な移行が可能になり、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

データセンター

サーバー、ストレージ・システム、ネットワーク・スイッチ間の広帯域接続を必要とするデータセンターは、25Gの高速データ・レートの恩恵を受けることができます。デュアルレート機能は、既存の10G機器との互換性を保証します。

高密度ネットワーク

ラックスペースが限られている環境では、デュアルレートモジュールは、ネットワーク管理者が接続を統合し、必要に応じて徐々に高速にアップグレードできるようにすることで、ポート密度を最大化し、必要なスペースを削減するのに役立ちます。

企業ネットワーク

レガシー・デバイス用の10Gと最新の高スループット・アプリケーション用の25Gを混在させる必要がある企業ネットワークでは、デュアルレートモジュールが柔軟な接続オプションを提供します。

ハイブリッド・クラウド環境

オンプレミスとクラウドの混在したインフラを活用している企業は、デュアルレートのモジュールを使用することで、異なる速度で動作するネットワークの異なる部分間での効率的なデータ転送を促進することができます。

コスト効率の良いアップグレード

予算に制約のある組織では、デュアルレートモジュールに投資することで、既存の機器をすぐにすべて交換することなく、ネットワーク・インフラストラクチャの将来性を確保することができ、より経済的なアップグレードパスとなります。

スパインリーフ・アーキテクチャ

スパイン・リーフ・アーキテクチャのような最新のデータセンター・トポロジでは、デュアルレートモジュールをリーフ・スイッチで使用して、スパイン・スイッチへの25Gアップリンクを維持しながら10Gサーバーに接続することができます。

テレコムとキャリア・ネットワーク

電気通信事業者サービス・プロバイダーは、デュアルレートモジュールを使用することで、要件に応じて10Gまたは25Gで動作するさまざまなサービスを顧客に提供することができます。

要するに、10/25Gデュアルレートモジュールは、ネットワーク・インフラに柔軟性、拡張性、投資保護を提供するのに役立ちます。デュアルレートモジュールは、ネットワーク・マネジャーがパフォーマンス・ニーズと予算制約のバランスを取ることを可能にし、異なる世代のネットワーク機器間の互換性を確保しながら、段階的なネットワーク・アップグレードを行うための戦略的な選択肢となります。

FS 10/25Gデュアルレートモジュールのご紹介

10/25G Transceiver

FSデュアルレートモジュールは、その卓越した信頼性、優れた互換性、効果的なコスト管理により、市場で高い評価を得ています。これらのモジュールは、ネットワークの性能と効率を高めるための好ましい選択肢として際立っています。以下は、FS 10/25Gデュアルレートモジュールのパラメータ比較です。

   SFP-10/25GSR-85  SFP-10/25GCSR-85  SFP-10/25GLR-31  SFP-10/25LR-31-I SFP-10/25G-BX-I
波長 850nm 1310nm 850nm 1310nm 1330nm-TX/1270nm-RX; 1270nm-TX/1330nm-RX
コネクタ デュプレックスLC シンプレクスLC
最大ケーブル距離 25Gで100m@OM4/70m@OM3、10Gで100m@OM3 400m@OM4/300m@OM3 10km
送信機タイプ VCSEL DFB
適用ケーブル MMF SMF
DOM 対応
フォームファクタ SFP28
動作温度範囲 0 ~ 70°C (32 ~ 158°F) -40 ~ 85°C (-40 ~ 185°F)

結論

ネットワーク技術の絶え間ない進化とデータセンターにおける柔軟性への要求の高まりにより、10/25Gデュアルレートモジュールは計り知れない可能性を秘めています。費用対効果の高いソリューションを提供し、レート適応性と将来的な互換性という課題に対処することで、高度で信頼性の高いネットワーク・インフラストラクチャを構築するための賢明な選択肢となっています。

メトロイーサネット: ビジネスの成長を促進する触媒

メトロイーサネットとは?

メトロイーサネットは、イーサネット規格を利用してメトロポリタン・エリア・ネットワーク(MAN)内のサイトを相互接続するネットワークです。これは、都市や都市部の複数の場所を接続できる、経済的でスケーラブルなソリューションです。イーサネットはもともと、限られた範囲と容量のローカルエリアネットワーク(LAN)技術として登場しました。しかし今日、イーサネットはキャリア・イーサネットへと進化し、ワイド・エリア・ネットワーク(WAN)向けに長距離・広帯域のデータ伝送を提供しています。イーサネットの進化は、メトロポリタン・エリア・ネットワークでの用途を広げただけでなく、企業のビジネス成長を促進する重要な要因としても浮上しています。

Metro Ethernet

 

ビジネス成長におけるメトロイーサネットのメリットとは?

  • 柔軟性

メトロイーサネットは、さまざまなトポロジーコンフィギュレーション、音声、データ、ビデオなど、さまざまな種類のトラフィックをサポートします。これにより、企業は多様なニーズに合わせて柔軟にネットワークを構成し、さまざまな業務とシームレスに統合することで、成長につながる環境を構築することができます。また、光ファイバーケーブル構成への対応により、1ギガビット・イーサネットから毎秒1万メガビットまでの速度を提供し、さらなる柔軟性を提供します。また、メトロイーサネット接続では、低速でも毎秒10メガビットの速度を実現できます。

  • 信頼性

メトロイーサネットは、その堅牢なデータ伝送インフラを通じて、そのニーズを満たします。メトロイーサネットは、重要なアプリケーションのためのQoS(Quality of Service)と、トラブルシューティングを容易にするOAM(Ethernet Operations, Administration, and Maintenance)をサポートしています。この信頼性により、メトロインターネット接続に支えられた重要なビジネスプロセスの円滑な運用が保証され、ビジネスの持続的な成長が促進されます。

  • 拡張性

メトロイーサネットのスケーラビリティは、ネットワークにおける光伝送ネットワーク(OTN)の統合と相まって、拡大し続ける企業のニーズに応える上で重要な役割を果たしています。企業の拡大に伴い、メトロイーサネットとOTNの組み合わせによる拡張性により、新しい拠点のシームレスな追加とネットワーク容量の増加が可能になります。これにより、ビジネスの拡大に同期してネットワークが成長し、現代企業の進化する接続需要に対応する堅牢で適応性の高いインフラが提供されます。

  • 高速性

低遅延で知られるメトロイーサネットは、迅速かつ効率的なデータ伝送を保証する点で際立っています。この重要な低遅延機能はリアルタイム・アプリケーションに不可欠であり、メトロイーサネットは応答性と信頼性の高い接続性を求める企業にとって理想的な選択肢です。高帯域幅と低遅延の統合により、メトロイーサネットは堅牢なソリューションとして定義され、現代企業の厳しい要求に完璧に応えます。メトロイーサネットは、迅速で信頼性の高い接続性を提供する能力により、ビジネス・プロセスを最適化し、特にメトロ光ネットワークの領域で、シームレスな通信とデータ転送のニーズの高まりに対応する触媒としての役割を果たします。

  • 費用対効果

メトロイーサネットは、メトロ光ネットワーク統合のような高度な機能を含め、所定の帯域幅に対して競争力のある価格を提供できるため、企業に比較的費用対効果の高いソリューションを提供することができます。さらに、サービス品質を損なうことなく運用コストを最適化することができます。この費用対効果は、投資収益率を最大化し、ビジネスの成長を促進する上で極めて重要です。

  • 管理の容易性

企業で広く採用されているイーサネット規格は、メトロイーサネットのセットアップ、管理、メンテナンスを簡素化します。このように幅広く受け入れられているため、さまざまなネットワーク機器との互換性が確保され、既存のインフラにシームレスに統合できます。ITプロフェッショナルが慣れ親しむことで、トラブルシューティングとメンテナンスが強化され、全体的な信頼性が向上します。このような簡素化により、高度なネットワーキング・ソリューションの導入における複雑さが軽減され、企業にとって使いやすい環境が構築されます。

Benefits of Metro Ethernet

FSメトロイーサネット・ソリューション

メトロ光伝送用400Gコヒーレント・ソリューション

FS 400Gコヒーレント・ソリューションは、効率的な大容量伝送のための標準化されたオープン特性を特徴としています。大容量長距離伝送において、高いS/N比耐性により卓越したパフォーマンスを実現します。このソリューションは光ファイバーリソースを最大限に活用し、ユーザーに信頼性の高い効率的なデータ伝送を提供します。

  • FSのソリューションは、QPSK、8QAM、16QAMといった様々な変調方式をサポートしています。ポイント・ツー・ポイント、シングル・スパン、マルチ・スパンなど、さまざまなネットワーク・シナリオの要件を満たすことができるため、ネットワーク構成の柔軟性と信頼性が向上します。

  • FSのソリューションは、OTUCn、OTU4、イーサネットなど様々なサービスタイプをサポートしています。この機能は、顧客の多様なビジネス・ニーズに対応します。同時に、この柔軟性は、お客様に幅広い選択肢を提供するだけでなく、ネットワーク・パフォーマンスの最適化と全体的な運用効率の向上にも貢献します。

メトロネットワークにおける光伝送装置

次の表は、FSの400Gコヒレント・ソリューション製品の紹介です。

アイテム
機能
電気信号と光信号の変換、波長変換、多重化の付加機能などの機能を提供します。
長距離にわたってパワーバジェットを拡張します。
2つの独立した1+1プロテクショングループを提供し、継続的な通信サービスを保証します。
コヒーレント光信号を復調し、大容量・高速・高品質のデジタル情報伝送を実現します。
高性能の信号分割と多重化を提供します。
選択した波長を1チャンネルまたは複数チャンネルで加算/減算します。
伝送ネットワークの迅速かつ柔軟な展開を可能にします。
 

メトロイーサネットの今後のトレンドは?

関連データの統計によると、世界のメトロイーサネット・サービス市場は2031年までに113億3,000万ドルに達し、予測期間中の年平均成長率(CAGR)は10.7%に達すると予測されています。

メトロイーサネットは、企業が信頼性が高くセキュアなポイント・ツー・ポイントのデータ・サービスにその回線を利用することで、大きな成長を遂げようとしています。アプリケーションは、クレジットカード処理からVoIPまで多岐にわたります。1本のイーサネットケーブルを介したビデオ、オーディオ、インターネットサービスの統合が、市場のアップグレードを促進しています。ソフトウェアの進歩、クラウドベースのアプリケーション、ビデオストリーミングの台頭が新たな機会をもたらし、メトロイーサネットは将来的にシームレスな通信サービスを実現する重要なイネーブラーとして位置づけられます。

Future Trends in Metro Ethernet

結論

結論として、メトロイーサネットはMANにとって不可欠なソリューションに進化し、ビジネスにさまざまなメリットを提供しています。その柔軟性、信頼性、拡張性、高速性、コスト効率、管理の容易さにより、都市部におけるシームレスな接続性の礎となっています。イーサネットがキャリア・イーサネットへと進化したことで、その用途はさらに拡大し、グローバルに企業の成長を促進する上で重要な役割を果たしています。

光トランスポートネットワークの層: コア層、アグリゲーション層、アクセス層

光トランスポートの急速な進化の中で、層状のアーキテクチャはシームレスなデータ接続のバックボーンとなっています。本記事では、アクセス、アグリゲーション、およびコアの各層の複雑さを解き明かしながら、光ネットワークの階層構造について詳しく探求します。それぞれの層の機能にも説明します。

光トランスポートネットワークの層

光ネットワークの層構造であるアクセス層、アグリゲーション層、コア層は、効率的かつ堅牢なデータ伝送のための包括的なフレームワークを形成しています。アクセス層はエンドユーザーやデバイスの入り口として機能し、接続性と初期データ伝送を管理します。上に進むと、アグリゲーション層は複数のアクセスポイントからのデータトラフィックを統合し、ネットワークのさまざまなセグメント間の円滑な通信を実現します。頂点に位置するコア層はバックボーンとして機能し、異なる集約ポイント間の高速かつ高容量の接続性を提供し、ネットワーク全体での迅速かつ信頼性の高いデータ転送を確保します。各層はネットワークのパフォーマンス最適化に重要な役割を果たしており、アクセス層はユーザーの接続性に焦点を当て、アグリゲーション層は効率的なデータ統合に、コア層は堅牢で高容量の相互接続性に焦点を当てています。

アクセス層

光トランスポートネットワーク(OTN)におけるアクセス層は、エンドユーザーと広範な光インフラストラクチャとの最初の接点として機能します。この層は、最後のマイル接続を提供する上で重要であり、エンドユーザーを光ファイバコミュニケーションネットワークに接続するための重要なインタフェースとなります。パッシブ光ネットワーク(PON)、ホームへのファイバ(FTTH)、デジタル加入者線DSL)、DOCSIS(ケーブルサービスインターフェース仕様)、Wi-Fi、ケーブルネットワークなど、さまざまな技術を活用して、アクセス層は多様なユーザーのニーズに対して高帯域幅と高速接続を確保します。アクセス層では、光ライン端末(OLT)と光ネットワーク端末(ONT)が重要な役割を果たし、エンドユーザーのデバイスと光ネットワークの間での情報のシームレスな交換を管理します。アクセス層の進化する状況には、波長分割多重化(WDM)などの進歩が取り入れられており、最後のマイル接続セグメントにおいてデータ容量を向上させ、信頼性を高めることができます。

効率的かつ信頼性の高いアクセス層は、ブロードバンド、音声、ビデオサービスなど多様なビジネスアクセスを提供します。Gigabit Passive Optical Network (GPON) や Ethernet PON (EPON) などの技術を通じて、複数のユーザーが同じ光ファイバを共有することが可能です。品質サービスのメカニズムにより、リアルタイムアプリケーションの低遅延が確保され、セキュリティ対策によってユーザーデータが保護されます。アクセス層のネットワーク管理機能により、問題の迅速な検出と解決が保証され、エンドユーザーに対して高帯域幅で安全かつ安定した光アクセスサービスを提供するための基盤となります。

 

アグリゲーション層

光ネットワークのアグリゲーション層は、アクセス層とコア層の間に戦略的に配置され、光通信システムにおけるトラフィックの最適化と管理のための重要な接点となります。この層は、サブネットワークやサービスプロバイダーなどのさまざまなアクセスポイントからの多様なトラフィックストリームを集約します。この層では、OTN電気クロスコネクト技術を使用して、ODUkを単位としてマッピング、多重化、クロスさせることができます。これにより、あるレベルのN入力信号のブランチ間で任意のクロスコネクションを実現し、ネットワークの展開をより柔軟かつ経済的に行うことができます。シームレスなサービス統合、耐障害性のメカニズム、エスカレートするネットワーク要求に対応するスケーラビリティに焦点を当て、アグリゲーション層は洗練された中間層として機能し、トラフィックを効率的に集約し、さらなる処理と配信のためにコア層に誘導します。

技術的に優れ、運用上も多機能なアグリゲーション層は、光信号処理メカニズムを統合してデータ伝送効率を最適化します。耐障害性のメカニズムにより、迅速な障害検出と復旧が確保されます。技術的な能力に加えて、アグリゲーション層はコアネットワークへのシームレスな接続を確立し、光インフラストラクチャのバックボーンを形成する上で重要な役割を果たします。要するに、この層は現代の光ネットワークの要求を満たすために精巧に設計された、多様なトラフィックタイプの効率的な集約、管理、伝送を調和させるための不可欠な要素です。

 

コア層

ネットワークアーキテクチャにおけるコア層は、高い効率と速度で大容量のデータトラフィックを処理するバックボーンとして機能します。最適な効率性を実現するために設計され、高容量・高速のデータ伝送に光トランスポートネットワーク(OTN)を活用しています。コア層は高いネットワークの可用性と信頼性を確保するために、高度な光保護と復旧メカニズムを組み込んだ頑強さが特徴です。この重要な層は低遅延を考慮して設計されており、リアルタイムサービスのための信号伝搬遅延を最小限に抑えます。標準化されたフレームワークはシームレスな相互運用性を可能にし、イーサネットSONET/SDHなどのさまざまなサービスの統合輸送が行えます。スケーラビリティが組み込まれており、コア層は追加の波長や高度な伝送技術の統合によってネットワーク容量の増大に対応することができます。要するに、OTNのコア層は現代の光トランスポートインフラストラクチャの中核バックボーンにおいて、高容量、効率性、信頼性、低遅延、相互運用性、スケーラビリティという重要な特性を提供する要素となります。

FSの製品は光トランスポートのどの層に属しますか?

FSは、アクセス層からコア層まで、上記のすべてのレベルの製品を提供できます。アクセス層では、高度なPONソリューションを提供してネットワーク機能を強化し、接続速度と信頼性を比類のないレベルに引き上げることができます。

アグリゲーション層においては、さまざまな光層ボードを使用したFMT/M6200シリーズが、複数のサービス伝送要求を満たし、効率的かつ安定した伝送を実現することができます。このシリーズは、DWDMデュアルファイバ/DWDMシングルファイバ/光ケーブル監視システムに適しており、コスト効果の高い柔軟なWDMソリューションを提供します。さらに、MS8100シリーズはMS-OTNアーキテクチャに基づいており、OTNクロスコネクト、MPLS-TPパケットスイッチング、SDHクロスコネクトをサポートすることができます。高い統合性、全サービスアクセス能力、柔軟な三重クロススケジューリング能力を持ち、複数のサービスと高いネットワークセキュリティのニーズに応えることが可能です。

最後に、NX N40/M6500/M6800シリーズは、コア層で使用することができ、トランスポートネットワークの迅速かつ柔軟な展開を実現します。

結論

光ネットワーキングでは、GPON、MPLS、DWDMなどの知識や、5GやSDNなどの新たなトレンドに対する理解が不可欠です。効果的なネットワークの計画とトラブルシューティングが重要であり、急速に進化するこの分野をシームレスに統合するためには、ネットワークアーキテクチャを包括的に理解することが求められます。

ONU(光ネットワークユニット)のクイックガイド

電気通信の分野において、ONUはシームレスな接続と高速データ伝送を可能にする重要な力です。FTTXアプリケーションのユーザー側デバイスとして、ONUは「銅線ケーブル時代」から「光ファイバ時代」への移行のための高帯域幅、高コスト効率の端末機器です。効率的なラストマイル接続のために生まれたONUは、ブロードバンド・サービス、スマートシティ、多様な産業に力を与えます。この記事では、ONUのネットワークの魅力を探り、その技術的な複雑さと現代の通信に与える変革的な影響を解き明かす。

ONUとは?

ONU (Optical Network Unit)は、PON(Passive Optical Network)ネットワークにおいて、ファイバーからの光信号を効率よく電気信号に変換し、個々の加入者にシームレスに届ける装置です。ONUはGEPON(Gigabit Passive optical network)システムのユーザー側デバイスで、OLT光回線端末)から配信されるビジネスをPONで終端します。OLTにより、ONUはインターネット・サーフィン、VoIPHDTVなどの幅広いブロードバンド・サービスを接続ユーザーに提供できます。さらに、エンドユーザーデバイスはONT(光ネットワーク端末)と呼ばれることもあります。ONTとONUは基本的に同じ機器ですが、ONTはITU-T用語、ONUIEEE用語で、どちらもGEPONシステムのユーザー側機器を表します。

 

ONU

ONUには何種類あるのか?

ONUバイスは、SFU/SBU、HGU、MDU/MTUなど、アプリケーションシナリオに基づいて分類されます。

SFU/SBU(シングルファミリーユニット/シングルビジネスユニット): FTTH/FTTO光アクセス・ネットワーク構築では、各ONUは単一のユーザーに接続します。SFU/SBUは通常、EIに142 FEを提供し、ナローバンド音声サービス用に1~2 POTSインターフェースを提供することがあります。商用顧客の場合、SBUは限られた数のEIインタフェースを提供できます。

HGU(ホームゲートウェイユニット): 主にFTTHシナリオで使用されるHGUタイプのONUは、4つのイーサネット・インターフェース、1つのWLANインターフェース、および少なくとも1つのUSBインターフェースを備えています。

MDU/MTU(集合住宅ユニット/マルチテナント・ユニット): FTTB/C光アクセスネットワーク構築では、各ONUは複数の独立したユーザーにサービスを提供します。MDU/MTUは8/16/24 FEインターフェースまたは24/48/96 DSLインターフェースを提供し、ホーム回線はカテゴリー5またはツイストペアを使用します。音声サービスに対するユーザーのニーズを満たすため、MDU/MTUはブロードバンドデータおよびナローバンド音声サービス用のPOTSインターフェースを1:1の比率で提供します。さらに、TDMサービスに対する商用顧客の要件を満たすため、一部のMDU/MTUは2/4/8 EIインターフェースを提供できます。

ONUの特徴とは

  • OLTから送信されるブロードキャスト・データを選択します。

  • OLTからのレンジおよび電力制御コマンドに応答し、それに応じて調整を行います。

  • ユーザーのイーサネット・データをOLTディストリビューション・ウィンドウに向けてキャッシュし、アップストリーム伝送します。

  • データ、IPTV、音声(IADを使用)、その他のサービスを「トリプルプレイ」アプリケーション向けに提供します。

  • 自動検出と設定に基づく「プラグ・アンド・プレイ」機能が特徴します。

  • ダイイング・ガスト機能をサポートします。

  • SLA(サービスレベルアグリーメント)請求に基づいた高度なQoS(サービス品質)機能の実装。

  • リモート管理をサポートする豊富で強力なOAM機能。

  • 低い入力光消費量で高感度の受光を実現します。

なぜONUはネットワーク・アーキテクチャにおいて重要なのか?

ONUは、いくつかの理由から、現代のネットワークアーキテクチャにおいて重要な役割を果たしています:

  • 効率的なデータ伝送: 光信号を電気信号に変換するONUは、光ファイバケーブル上でのシームレスなデータ伝送を実現します。これにより、ネットワーク効率が向上し、遅延が最小限に抑えられ、信頼性の高い接続性が保証されます。

  • 集中管理: ONUは、サービスプロバイダーが光ファイバインフラとエンドユーザーデバイス間の通信を一元的に管理・制御できるようにします。これにより、効率的なトラブルシューティング、プロビジョニング、ネットワークパフォーマンスの監視が容易になります。

  • スケーラビリティ: 終端ポイントとして機能するONUは、ネットワークの拡張性を可能にします。サービスプロバイダは、1本の光回線に複数のONUを接続することで、高速接続を維持しながら、より多くの顧客にサービスを提供できるように容量を拡張することができます。

  • 費用対効果: ONUでPONネットワークを活用することで、サービス・プロバイダーのネットワーク展開とメンテナンス・コストを削減できます。この費用対効果により、住宅、商業、工業用ユーザーに手頃な価格で高速インターネットやその他のサービスを提供することができます。

結論

ONUは、現代の電気通信に不可欠なコンポーネントであり、FTTXアプリケーションにおけるシームレスな接続性と高速データ伝送を実現します。SFU/SBU、HGU、MDU/MTUなどのタイプに分類されるONUは、多様な役割を果たし、効率的なデータ伝送、集中制御、拡張性、費用対効果を実現します。これらの機能により、ONUはネットワークアーキテクチャに大きな影響を与え、信頼性の高い接続性を確保し、手頃な価格のサービスを可能にします。

HPCデータセンターでInfiniBandネットワークが重要な理由とは?

InfiniBand Banner

HPCデータセンターでは、InfiniBandネットワークの利用が増加しています。また、データ分析や機械学習などの高データスループット・アプリケーションの急速な拡大により、高帯域幅で低レイテンシーの相互接続に対する需要も、より広い市場に拡大しています。イーサネットと比較して、高速相互接続のために設計されたネットワーク技術であるInfiniBandは、世界中の数多くのハイパフォーマンス・コンピューティング施設で新星として登場しています。

「こちらもチェック- InfiniBandネットワークの動向

InfiniBandチュートリアル: InfiniBandネットワークとは?

InfiniBandは、高帯域幅、低遅延、高信頼性を備えたオープンスタンダードのネットワーク相互接続技術です。この技術はスーパーコンピュータ・クラスタの分野で広く使われています。インフィニバンド・ネットワークは、データ・スイッチ間およびデータ・スイッチ内のデータ相互接続や、ストレージ・システム間の相互接続に使用されています。

InfiniBandシステムは、チャネル・アダプタ(CA)、スイッチ、ルータ、ケーブル、コネクタで構成されています。CAは、ホスト・チャネル・アダプタ(HCA)とターゲット・チャネル・アダプタ(TCA)に分けられます。IBAスイッチは、原理的には他の標準的なネットワーク・スイッチと同様であるが、InfiniBandの高性能・低コスト要件を満たす必要があります。InfiniBandルーターは、大規模なネットワークを小さなサブネットにセグメント化し、ルーターで接続するために使用されます。HCAは、サーバーやストレージ・デバイスなどのIBエンド・ノードをIBネットワークに接続するデバイス・ポイントです。TCAはチャネルアダプタの特殊な形態で、ストレージデバイスなどの組み込み環境でよく使用されます。

HPCデータセンターにおけるInfiniBandネットワーク

InfiniBandは、高性能な入出力(I/O)アーキテクチャであり、複数のケーブル交換技術を同時に接続することができる。ポート速度に応じて、QDR InfiniBand、FDR InfiniBand、NDR InfiniBand、XDR InfiniBandなど、様々なカプセル化スイッチが用意されており、HPCデータセンターのビジネスサポートを実現します。

メインフレーム・コンピューティングでは、InfiniBandモデルの専用チャネルが、メインフレームと周辺機器間の接続とデータ転送に使用されます。最大パケットサイズが4KのInfiniBandは、ポイント・ツー・ポイントおよび双方向シリアル・リンクを可能にし、4Xおよび12Xの単位に集約することで、最大300ギガビット/秒の有用なデータ・スループット・レートを実現します。

InfiniBand Network

HPC業界のさらなる発展を促進するため、多くのブランドオーナーがInfiniBand製品を導入し始めています。FSは、200Gデータセンター・スイッチ、特に200G InfiniBandスイッチを提供しており、HPCデータセンターのオプションの1つとして使用することができます。

InfiniBandネットワークはHPCデータセンターにどう対応するか?

今日、インターネットは、さまざまなデータ集約型アプリケーションを必要とする巨大なインフラです。大企業もまた、大量のデータを確実に計算したいという需要に応えるため、HPCデータセンターを建設しています。システム環境は、コンピューティングノード、ストレージ、分析システム間のHPCの極めて高い帯域幅によって構築されます。HPCアーキテクチャのもう1つの性能指標はレイテンシです。HPCデータセンターは、高帯域幅と低レイテンシの要件を満たすことができるInfiniBandネットワークの使用を決定しました。

Bandwidth & Latency

RoCEやTCP/IPと比較して、高スループット処理環境、特にサーバー仮想化、ブレード、クラウドコンピューティング技術を使用する環境におけるInfiniBandネットワークの採用は、卓越した利点を示しています。

「こちらもチェック- RoCE vs Infiniband vs TCP/IP

HPCデータセンターにおけるInfiniBandネットワークの利点

データ通信技術の進化であれ、インターネット技術の革新であれ、ビジュアルプレゼンテーションのアップグレードであれ、それらはすべて、より強力なコンピューティング、より大容量で安全なストレージ、より効率的なネットワークの恩恵を受けています。InfiniBandネットワークは、より広帯域のネットワークサービスを提供すると同時に、待ち時間を短縮し、ネットワーク伝送負荷によるコンピューティングリソースの消費を低減し、そのユニークな利点によりHPCデータセンターを完全に統合することができます。

ネットワーク効率: InfiniBandネットワーク(IBネットワーク)は、プロトコル処理とデータ移動をCPUからインターコネクションにオフロードすることで、CPUの効率を最大化し、超高解像度シミュレーション、大規模データセット、高度に並列化されたアルゴリズムを実行します。InfiniBandの伝送速度は168Gbps(12xFDR)に達し、10ギガビットイーサネットの10Gbpsや10ギガビットイーサネットの100Gbpsをはるかに超えています。特にHPCデータセンターでは、Web2.0クラウドコンピューティングビッグデータ、金融サービス、仮想化データセンター、ストレージアプリケーションなど、大幅な性能向上が達成されます。これにより、タスク完了までの時間が短縮され、プロセス全体のコストが削減されます。

より高い帯域幅: イーサネット100G が市場を支配していた時代、IBネットワークの速度も継続的に発展し、HPCアーキテクチャの高性能要件を満たす100G/200G InfiniBandスイッチが次々に発売されました。InfiniBandスイッチは、高帯域幅、高速、低遅延のパフォーマンスにより、HPCデータセンターにとって優れたオプションとなり、高いサーバー効率とアプリケーションの生産性を実現できます。

スケーラビリティ: ネットワーク・レイヤ2は、InfiniBandのおかげで、1つのサブネットに48,000ノードを構築できます。さらに、IBネットワークはARPのようなブロードキャスト・メカニズムに依存しないため、ブロードキャスト・ストームを引き起こしたり、追加の帯域幅を浪費することもありません。異なるIBサブネットも同様に、スイッチとスイッチに関連付けることができます。

FSは、NVIDIA Quantum™-2 NDR InfiniBand 400G およびNVIDIA Quantum™ HDR InfiniBand 200G データセンター・スイッチを提供しており、マネージドおよびアンマネージドの両方の構成で利用可能です。多様な顧客ニーズに対応するため、400Gスイッチには1年、3年、5年のサービス・サポート・オプションが用意されている。確かに、作業負荷を軽減するために複数のデバイスを稼働させている場合、イーサネット・ネットワークを使用してデータ伝送を完結させることもできます。また、ネットワーク構築を支援するために、FSは複数の速度のイーサネットスイッチを提供しています。

結論

InfiniBandネットワークとその革新的な技術アーキテクチャは、その卓越したパフォーマンスにより、HPCデータセンターユーザーがビジネスパフォーマンスを最大化するのに役立ちます。Infinibandテクノロジーは、高性能ネットワークアーキテクチャを大幅に簡素化し、マルチレベルアーキテクチャ層によって生じる遅延を軽減し、主要なコンピューティングノードのアクセス帯域幅のスムーズなアップグレードを強力にサポートします。 InfiniBandネットワークがますます多くの使用シナリオに参入するのは一般的な傾向です。