danika3160’s blog

ここで通信分野と関連する記事を紹介していきます! よろしくお願いいたします。

データセンター25G/100リーフスパインネットワーク向けFS 25Gポートフォリオ

25Gイーサネットは、IEEE 802.3 Task Force P802.3byによって開発されたイーサネット接続の標準です。イーサネット規格の進化を振り返ると、40Gおよび100G規格は2010年以来長らく市場で活発に使用されてきましたが、25G規格は2016年まで導入されませんでした。40Gや100Gがすでに存在しているため、25G規格は一歩後退しているように見えます。しかし実際には、25G標準の出現は、市場がサーバーからスイッチへの接続のためにコストが最適化されたソリューションを必要としていることを示しています。

 

25G/100Gリーフスパインネットワークの定義、特徴とメリット

25G/100Gリーフ/スパインネットワークアーキテクチャには、スパイン層とリーフ層の2つの層が含まれています。スパイン層はネットワークのバックボーンであり、すべてのリーフスイッチがすべてのスパインスイッチと相互接続されます。リーフ層は、25Gサーバー、ファイアウォール、エッジルーターなどのデバイスに接続する25Gアクセススイッチで構成されます。

一般に、25Gは10Gの2.5倍のパフォーマンスを提供し、同じ消費電力でより高い帯域幅を提供できます。データセンター事業者が25Gベースのサーバーを適用すると、25Gには同じサーバーラック設計を再利用し、同じケーブル配線インフラストラクチャで動作するという利点があります。さらに、25Gおよび100Gをサポートするほとんどのスイッチシリコンは10Gおよび40Gの速度と下位互換性があり、より高速なサーバーへの段階的な移行により、ポート速度を柔軟に組み合わせて適合させることができます。

 

25G/100Gリーフスパインネットワークを設計するには?

クラウドおよびハイパースケールデータ センターでは、リーフスパインネットワークにより、データセンタースイッチ向けに高速で予測可能、スケーラブルで効率的な通信アーキテクチャを構築できます。リフスパインアーキテクチャを設計する場合、考慮すべき重要な要素は1つです。それは、オーバーサブスクリプション率です。これは、ダウンリンクポート(サーバー/ストレージへ)とアップリンクポート(スパイン スイッチへ)の比率です。一般に、リーフ層とスパイン層間のオーバーサブスクリプション率が3:1であれば許容できると考えられます。次の図は、一般的な25G/100Gリーフスパイン・ネットワークアーキテクチャを示しています。

how-to-design-25g100g-leaf-spine-network.jpg

図1:25G/100Gリーフスパイン・ネットワーク設計

 

FSが25G/100Gリーフスパインネットワーク導入向けの完全な25Gポートフォリオを提供

25Gイーサネットの導入以来、その低コストと高効率の利点が多くのクラウド コンピューティングプロバイダーに支持されています。したがって、多くのサプライヤーがさまざまな25G製品を提供しています。FSは、あらゆる種類の25G製品を提供できます。25G製品は、スイッチ、モジュール、ケーブルなどがあります。ここでは、購入のガイドとなる一連のFS 25G製品を紹介します。

25g100g-leaf-spine-network-deployment.jpg

図2:FS 25G/100Gリーフスパインネットワークソリューション

N8520-48B6C 25Gリーフスイッチ

N8520-48B6C 25Gスイッチは、Cumulus Linuxネットワークオペレーティングシステムと組み合わせたToRまたはリーフスイッチで、大規模なレイヤー2およびレイヤー3クラウド設計、オーバーレイネットワーク、仮想化または従来のエンタープライズデータセンターネットワークを含む、幅広いオープンネットワークに導入できます。さらに、N8500-48B6Cスイッチには、VXLAN、MLAG、IPv4/IPv6などの高度なレイヤー2およびレイヤー3機能が豊富に装備されており、従来のデータセンターまたは完全仮想化データセンターに最適です。

25g-switch.png

図3:FS N8500-48B6C 25GbE ToR/リフスイッチ

25Gサーバーアダプタ

Intel XXV710®チップセットをベースとした25GサーバーアダプタPCI Express x8デュアルポートSFP28)は、PCIe x16 スロットと互換性があります。1/10GbEと下位互換性のある25GbE接続に優れたパフォーマンスを提供するため、より高速への移行が容易になります。

25g-nic.jpg

図4:FS 25Gサーバーアダプタ

25G光トランシーバー

リーフスイッチとサーバー間の接続用に、FSは25G SFP28(25GBASE-SR、25GBASE-LR、および25GBASE-ERを含む)と25G WDM SFP28トランシーバーを提供します。これらすべてのトランシーバーに対して、製品の品質を保証するために永久保証を提供しており、市場のさまざまなニーズを満たすために、トランシーバーはすべてCisco、Arista、Brocade、Mellanoxなどの有名なブランドと互換性があります。

25g-transceiver.jpg

図5:FS 25G SFP28光トランシーバー

25G DAC/AOCケーブル

ラック内または隣接するラック間の短距離ケーブル配線ソリューションの場合、FSは伝送距離5m未満の 25G SFP28 DACケーブル、最大30mの25G SFP28 AOCケーブルを提供します。さらに、FSは100G QSFP28 ~ 4x25G SFP28 DAC/AOCケーブルを提供して、スパインスイッチとサーバー間の直接接続を実現します。上記のケーブルは、スイッチ、ルーター、ストレージデバイス、サーバーの相互接続に最適なケーブルです。

dac-aoc.jpg

図6:FS 25G SFP28 DAC/AOCケーブル

 

25G/100Gリーフスパインネットワーク用のFS 25G製品に関するFAQ

FSは、25G/100Gリーフスパインネットワーク導入向けのさまざまな25Gポートフォリオを提供します。よくあるご質問をまとめましたので、ご購入の際にご参考ください。

Q: なぜ FS互換のダイレクトアタッチケーブルを信頼するのでしょうか?

A: ブランドのケーブルと比較して価格面で有利であることに加えて、FS DACは同じパフォーマンスと信頼性も維持します。お客様の高性能に対するニーズを満たすために、弊社のすべてのDACは、出荷前にテストセンターの主流のオリジナルブランドスイッチで複数回テストされています。さらに、ブランド製品で互換性のある光学部品を使用しても、製品の保証に悪影響を与えることはありませんので、ご安心ください。

Q: 5メートル未満の銅ケーブルを使用してスイッチとサーバーを接続できますか?

A: はい。FSは、5メートル未満のサーバーからスイッチへの接続用のSFP28 DAC銅線ケーブルを提供します。

Q: 5メートルを超える距離にはどのようなケーブルを使用すればよいですか?

A: FSは、5メートルを超える距離向けに、SFP28 AOCケーブルまたはLCケーブルを備えたSFP28モジュールを提供します。

Q: ダイレクトアタッチケーブルの両端に異なる互換性を持たせることはできますか?

A: はい。FSは、各端の互換性を個別に選択できるように、ダイレクトアタッチケーブル用にカスタマイズされたデュアル互換性ソリューションを提供します。必要なのは、互換性のあるブランドのドロップダウンボックスで「デュアル互換性ソリューション」オプションを選択し、カスタム ページでデバイスのモデルをメモすることだけです。

Q: FSはカスタマイズされたArista Networks 25G DACケーブルを提供しますか?

A: はい。FSは、Cisco、Arista、Juniper、Mellanox、汎用などの主要ブランドと互換性のある、コスト効率の高いカスタマイズされた25G DACケーブルを提供します。

Q: FSでは、100G QSFP28~4x25G SFP28パッシブダイレクトアタッチ銅線ブレークアウトケーブルにどのくらいの長さを提供していますか?

A: FSは、100G QSFP28 ~ 4x25G SFP28パッシブダイレクトアタッチ銅線ブレークアウトケーブルを1m、2m、3m、5mの長さで提供しており、カスタマイズされた長さに関するお問い合わせも歓迎します。

Q: SFP28はSFP+スロットで使用できますか? どのくらいの速度が得られますか?

A: はい。SFP28はSFP+ポートと下位互換性があり、十分に動作します。ただし、SFP+は、SFP28が25Gb/sで動作するのではなく、10Gb/sで動作するように設計されています。故に、10Gの速度になります。

Q: FSは25G CWDM 80kmモジュールを提供しますか?

A: いいえ、FSは現在、1270nm ~ 1330nmの10kmの波長を備えた25G CWDMモジュールを提供しています。

Q: FS QSFP28-LR4-100Gトランシーバーの最大消費電力はどれくらいですか?

A: FS QSFP28-LR4-100Gトランシーバーの最大消費電力は3.5Wです。消費電力が3.5Wを超える場合、他の要因(風向、周囲の温度、標高など)に依存するため、性能を保証できません。

Q: 4x25Gレーンで100Gをブレイクアウトするために使用できる、Aristaと互換性のあるシングルモード100G QSFP28モジュールはありますか?

A: 100G QSFP28 モジュールの中で、QSFP-100G-PSM4を推奨します。

Q: FS 100G QSFP28 ~ 25G SFP28モジュールはJuniperデバイスをサポートしますか?

A: はい。FS 100G QSFP28 ~ 25G SFP28モジュールはJuniperデバイスをサポートするだけでなく、Cisco、Arista、Dell、Mellanox、汎用、Extremeなどの他の主要ブランドもサポートします。

Q: FSはAristaスイッチとMellanoxスイッチの両方をサポートする25Gモジュールを提供しますか?

A: はい。 FSは、両方のスイッチをサポートできる25Gモジュール(SFP-25G-SRなど)を提供します。

Q: FSは25G BiDiモジュールを提供していますか?

A: はい。FSは、伝送距離10kmの25G BiDiモジュールと産業用25G BiDi SFP28モジュールの両方を提供します。

Q: N8520-48B6C 25Gスイッチは、SFPポートでは10/25G、QSFPポートでは40/100Gで動作できますか?

A: はい。このスイッチは、最大48 x 10/25 GbE接続および6 x 40/100 GbE接続をサポートします。

Q: N8520-48B6C 25Gスイッチは100Gインターフェイスでotu4チャネライゼーションをサポートしますか?

A: はい。このN8500-48B6Cは、100Gインターフェイス上でotu4チャネライゼーションをサポートします。

Q: FS 25G/100GスイッチはMP-BGP EVPNコントロールプレーンを使用したVXLANをサポートしていますか?

A: はい。N8520-48B6CやN8520-32CなどのFS Nシリーズベアメタルスイッチは、EVPNをサポートします。また、CumulusシステムがプリロードされたスイッチはEVPNもサポートします。